ダイエット効果と効率を阻害する栄養素、糖質がもつ厄介な特徴とは?

ダイエットにおける痩せ(脂肪燃焼)効果と・・・
スムーズな減量効率を阻害する厄介な栄養素


糖質について
三大栄養素のひとつ
糖質(炭水化物)がもつ特徴について


ダイエットといえば、有酸素運動やエクササイズなど。
実際に体を動かす実践方法ばかりに目がいきがちであり、勿論、その発想自体は決して間違いではないのですが・・・
ダイエット効果と効率をあげ、綺麗に痩せ、そして美しい体作りを目指す上では、体の基盤を作っている栄養素。
こちらの部分にもしっかりと目を向けていかなくてはなりません。
特に数多くある栄養素の中でも、体の基盤を構築させる中心的、心臓部とも呼称される存在の三大栄養素

体のエネルギー源である糖質(炭水化物)脂質
細胞を構築する上での原料であるタンパク質

これら3つの栄養素は特に重要であり・・・
各栄養素に備わる特徴を正しく理解すること、そしてダイエット中における摂取量を正確に守ること。
どちらもダイエットを成功させる上では絶対に外せないポイントになります。
今回からは三大栄養素に順次着目し、上記したポイントについて分かりやすく伝えていきたいと思います。
既知内容も多いかもしれませんが、復習も兼ねダイエットをサポートする知識補完として役立てていただければ幸いです。

ミニ女医 カルテ持ち
まずは三大栄養素のひとつ、糖質(炭水化物)について。
糖質というワードイメージから砂糖や果糖といった甘味物のみと思われがちですが、穀類である御飯やパンや麺類、芋や根菜など、普段から特に意識もせず摂取している食べ物などにも多く含まれる栄養素。

本記事で扱う内容は以下の3つ。

・糖質の炭水化物の違いとは?
・ダイエット効率を阻害する、糖質がもつ2つの特徴とは?
・糖質の摂取量を制限するとどうなる?


糖質と炭水化物の違いとは?

あらゆる食品のパッケージに必ず記載されている栄養成分表記。
細かくは見ずとも、ダイエットにおいて熱量(カロリー)などはどうしても気になるもの。
皆さんも必ず目にしたことがあるかと思います。
この栄養表記なのですが、実は健康増進法により5項目の栄養成分表記が必須事項となっています。

栄養表記
熱量(カロリー)、ナトリウム、タンパク質、脂質、そして炭水化物
これらが健康増進法で定められている5項目の栄養成分表記なのですが、炭水化物においては糖質と置き換えて表記することが出来ます。その場合は・・・

栄養表記2
糖質に加え食物繊維も同時に表記しなければなりません。
もうお分かりいただけたかと思いますが、《炭水化物=糖質+食物繊維》
つまり本質的には、糖質と炭水化物は同じ栄養成分ということになります。

 でもダイエットにおいては・・・
上記した通り基本的には糖質と炭水化物は同じ栄養素という認識で良いのですが・・・
ダイエットにおいては、制限が求められるのは糖質のみであり、食物繊維は必要という問題が生じてしまいます。
このような背景があってかは分かりませんが、近年では糖質と食物繊維をきちんと別個に表記してくれる食品がほとんどなのですが、中にはまだ炭水化物とまとめて表記していることも。
分別して表記されているのであれば、糖質のみをチェック
されていない場合は仕方がないので、炭水化物の項目で糖質量を確認するようにしましょう。


ダイエット効果と効率を阻害する!
糖質がもつ2つの特徴とは?


 【特徴1】真っ先に使われるエネルギー源!
糖質、タンパク質、脂質。
これら三大栄養素の中でもっとも消化吸収に優れ、真っ先に体のエネルギー源として使われるという特徴をもつ糖質。
痩せたければ体から何を取り除きたい? と聞かれると・・・

ミニ照れて焦る女性
・・・勿論、脂肪です。

脂肪。
同じ回答を出された方も多いのではないでしょうか。
言い換えると、これは読んで字のごとく三大栄養素のひとつ、脂質のこと。
つまり・・・
いくら頑張って痩せようとしても、ダイエットで使用(消費)されるエネルギー源として真っ先に糖質が使われてしまうため、体内に糖質が蓄積された状態にある限り、ダイエットの醍醐味である脂肪(脂質)燃焼効果が常に後回しになってしまいます。

 有酸素運動は食前と食後のどっち?
皆さんに分かりやすく伝えるための質問です。
上記した糖質の特徴を察し、もうお分かりかと思いますが、ダイエットを目的とするのであれば正解は食前
主食やおかずなどで、十分に糖質を摂取した状態で有酸素運動に励んでも・・・
まずは糖質がエネルギーに使われ、脂肪(脂質)燃焼効果は後回し。
長時間の運動であればともかく、ダイエットの効率が悪くなることは言うまでもありません。


 【特徴2】血糖値を上げる厄介な力!
糖尿病の方や、普段から血糖値に気を配られている方であればがお分かりかと思いますが、糖質には過剰摂取により血糖値を上げるという厄介な力が備わっています。
そして血糖値が上昇してしまった際、その調整役として分泌されるのがインスリン。
別称脂肪ホルモンとも呼ばれるインスリン、ダイエットを阻害する非常に厄介な働きをしてくれます。

 ダイエットを阻害するインスリンの厄介な働きとは?
さすがは脂肪ホルモンという悪名を持つだけあり、インスリンはその悪名の名に恥じぬ働きっぷり。
血糖値の調整ついでに、過剰摂取により体内にため込んだ糖質を体脂肪に変えてしまうというダイエット観点で捉えると、厄介以外のなにものでもない余計な働きをしてくれます。
これは、ダイエットの効果や効率といった以前の悪しき問題。
体脂肪がつきやすく落ちにくい体質、つまり太りやすく痩せにくいを体質を作り上げてしまうことを意味しています。

ミニあせる女性
糖尿病になったらインスリン注射とかって聞くし・・・
血糖値を下げる働きだけかと思ってたら、ダイエット阻害に最悪な体質作りまで

とにかくこれからは糖質の摂取量には気を付けないと!


糖質の摂取量を制限するとどうなる?

有酸素運動や無酸素運動(筋トレ)といった自主的に取り入れる運動代謝エネルギーは勿論、生命維持のため生活の中で無意識の内に消費される基礎代謝エネルギーまで。
ありとあらゆる行動で必要となる代謝エネルギーを太る要因となる栄養素の脂質、また体に蓄積されている体脂肪脂質から優先的に消費していってくれるようになります。
簡単に言うと、脂肪をガンガン燃焼させて痩せることが出来ます。
更に、インスリンの分泌も同時に抑えることにもなるので、体脂肪がつきにくく落ちやすい体質、つまり太りにくく痩せやすい体質まで手に入れることが出来ます。

ミニ女医 これでよし
三大栄養素のひとつ、糖質(炭水化物)について。
少し長くなっちゃったけど、だいぶ理解を深めることが出来たんじゃないかしら。
糖質はダイエットの効果と効率を阻害する本当に厄介な栄養素なの。
しっかりと注意して摂取していかないと駄目よ。

今回の記事を読んで『糖質の過剰摂取には気を付けよう!』
って思ってくれたのなら嬉しいんだけど・・・
だからといって、極端な摂取制限をして糖質不足にだけはならないよう注意してね。
糖質が不足すると凄く怖い様々なトラブルを招くことになるの。

 次回記事
糖質不足(糖新生)が原因で引き起こす!
ダイエット・美容・健康トラブルについて


にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ
応援願います
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)