自力で絶対なれる!二重まぶたを作り定着させる、まぶた痩せ体操方法

 自力で二重まぶたに絶対なれる!
二重まぶたを作り定着させる、まぶた痩せ体操方法

細い目
細い一重まぶたを自力で・・・

若い頃の目元
二重まぶたの大きな目にする!

 一重まぶたの方は作る、二重まぶたの方は定着対策!
一重まぶたの方は、まぶたについた脂肪を落とし自力で二重まぶたを作るために。
既に二重まぶたの方は、加齢や筋力低下による二重まぶたの崩れを防止し定着させるために。
両ニーズに応える、まぶた痩せ体操方法を紹介していきます。
一重と二重、それぞれの個性に合わせた魅力がありますし、どちらが良いという訳ではありませんが二重まぶた、もしくは大きな目になりたいとニーズをお持ちの方は、参考にしていただければと思います。
実例として『一重まぶたが二重になった!』という方もおられますが、一重の方が100%二重まぶたになるとは断言出来ません。
ですが、『絶対になれる!』という意気込みで取り組むことが大切であり、その可能性も格段に引きあがります。
また、仮に一重のままであっても、まぶた周りの脂肪を落とすことで目を大きくすることは100%可能です。

ミニ女医 これでよし
二重まぶたを自力で作るといえば、最近ならアイプチとかが主流だけど・・・
今回紹介する体操はそんな一時的なものじゃなくて、目指すのは永久に持続する二重まぶたになること。
アイプチみたいに道具とかは一切使わないから、皮膚のかぶれなんて心配もないしノーリスク。
一度チャレンジしてみる価値はあるわよ。

 一重まぶた&二重まぶたが定着しない原因とは?
まぶた周りにある表情筋【眼輪(がんりん)筋の筋力が低下して、まぶたに脂肪がつく】ことでたるみを引き起こします。
このたるみが進行することで垂れ下った重たいまぶたを作り一重まぶた、二重まぶたの崩れを招くことになります。
眼輪筋
つまり、このイラストで赤く囲っている部分【眼輪筋】に蓄積された脂肪さえ落とすことが出来れば、一重まぶたが二重まぶたになる、二重まぶたの崩れを防止し定着させる。
少なくとも、たるみになっているまぶたの脂肪を取り除くことになるので、最低限の効果として大きな目になれるということです。
一重まぶたの原因のひとつとして、先天的にまぶたに脂肪がついているという例も考えられるので、こういった方においては二重まぶたになる可能性が非常に高くなります。

ミニ女医 これはいかがかしら
原因が分かったところで、早速体操方法に入っていくわね。

 自力で二重まぶたに絶対なれる!
二重まぶたを作り定着させるまぶた痩せ体操方法

【体操1】
二重まぶた体操1

イラスト参照、青丸ポイントが開始地点。
人差し指と親指を使い、眉がしらと
目頭の間にある脂肪を挟むようにして少し強めにつまむ。
目頭上の脂肪は、目の後方にある骨のくぼみから脂肪を引っ張り出してつまむ。

イラスト赤い線を参照、開始地点から目尻に向かって、出来る限り小さな間隔でつまんでは離してを繰り返しながら指を移動させていく。

往復はせず目頭から目尻に向かっての一方通行、少し強めにつまむことがポイント。
①②の流れを※最低10回行い、その後、使用する手をかえ反対側の目も同様に行う。
最低10回であり、制限はありません。
少しでも早く二重まぶたを作りたい、もしくは二重まぶたの定着を強固にしたいのであれば、空いた時間を活かし積極的に取り組むようにしましょう。


【体操2】※重要
二重まぶた体操2

①目を閉じ、人差し指の腹部分を横向きにして目頭、イラスト青丸ポイントにあて力を加え押し込む。

 イラスト赤矢印参照。
②目頭から目尻に向かい、眼球の形に沿いながら指をゆっくりと滑らせて(スライド移動させて)いく。
指の腹は押し込んだ状態のまま、まぶたの脂肪を引っ張り、指の腹に(脂肪を)すべて付着させていくような気持ちで移動させる。


③指が目尻に到達したら、そのままこめかみに向かって指の腹を移動させ目尻側をしっかりと引き上げる。

目尻側を引き上げたとき、これまで通過してきた目頭から目尻までにあった脂肪がすべて。
こめかみに置いた人差し指の、腹部分の下に集まっているような感覚がありませんか?


形に見えない感覚ですが、二重まぶたを作るこの体操においては非常に大切なポイントになります。
もしもこのような感覚が得られないようであれば、【もう少し指に力を込める。】【開始の時点から脂肪をこめかみに集めていくよう意識しながら指を動かしていく。】といった工夫を設け、再度チャレンジしてみましょう。


二重まぶた体操3

④目尻側をしっかりと引き上げたまま、大きく目を開ける。
引っ張られている状態なので、実際は大きく開けられなくても問題ありません。
【大きく開けるつもり】で目を見開きましょう。

引き上げた方の目元を鏡でチェック。
目元の状態、合わせて
得られる効果もここで確認していきましょう。

若い頃の目元
既に二重まぶたの方であれば、まぶたに二重線がクッキリと出ている。
このまぶた痩せ体操により【二重まぶたの型崩れを防止し、定着させる効果】が得られます。

一重まぶたの方は、現状ではまだ二重線は確認出来ないかとおもいますが、体操を続けていく内にまぶたに二重線を作ることが出来ます。
このまぶた痩せ体操により【二重まぶたになる効果】が得られます。

⑤目尻を引っ張った状態、指を離さず※約5分間キープする。
キープした後、もう一方の目も同様に行う。

5分間は最低目安の時間であり、時間、また体操回数自体にも制限はありません。
二重まぶたへの改善に強いニーズをお持ちであれば、更に長くキープ、そして回数も意欲的に増やし取り組んでみましょう。
また、回数を増やしての合計キープ時間(例.3分×3回)のような取り組み方では、例え長時間であっても効果がありません。
片目につき1回の体操で最低5分間はキープ、絶対に守るようにしましょう。

ミニ女医 これでよし
ふたつの体操は、それぞれ単体で取り組んでも効果はあるけど・・・
出来ることなら時間を作って、通しで取り組んでもらうのが理想ね。
【特に重要なのが体操2】
二重まぶたを定着させるだけなら体操1だけでも効果が得られるけど・・・
二重まぶたになりたいなら絶対に取り組んで欲しい必須体操になるわ。
いいわね?
二重まぶたになりたいなら体操2だけは絶対に行うこと!
忘れちゃだめよ。

 あわせて役立てよう!
より確実に二重まぶたになりたいなら!
体操効果を倍加、リンパマッサージ方法


にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ
応援願います
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)