カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「リンパ液の流れを良くして全身の代謝を上げる方法 」カテゴリ記事一覧


ダイエット効果を上げる重要ポイント! リンパ液の働き(流れ)とは?

 リンパ液についての知識を身につけよう!
《スムーズなダイエット展開を望むなら、まずはリンパ液の流れをスムーズにする知識と意識を所持すること》

部分痩せダイエットを取り組むにあたり、事前知識として必ず知識としておさえておきたいリンパ液について。
知っているようで・・・実際はよく分からないという方もおられるのではないでしょうか。

『リンパ液の流れが良くなる=ダイエットの経過が良くなるよ!』

と言っても過言ではないほどダイエットを効果的かつ効率的にすすめる上で非常に重要なポイントとなりますので、本記事を通じ理解を深めていただければと思います。

 リンパ液ってなに?
リンパ液とは、体内摂取した栄養成分の中から不要となる老廃物を受け取り除去した後に、クリアな成分だけを心臓へと送り出す働きを持つ、いわば体内を綺麗に保つために必要な液体です。

疑問に思う女性
栄養・・・心臓へと送り出す・・・
えっ!? それって血液の働きと被るんだけど違うものなの?


 血液とリンパ液の違い
はい。体には血管とリンパ管は別々に存在しており、それに従い血液とリンパ液に関しても循環経路こそ同じですがその働きは似て非なるものになります。
ただ、それ程強く意識する必要はありません。
予備知識として【栄養成分を心臓に運ぶ働きをもつ血液】【栄養成分の中から不要となった老廃物を受け取り除去した上で心臓に運ぶ働きを持つリンパ液】くらいには覚えておくようにしましょう。

女医 上指さし
2つの体液の働きがひとつの循環作用を生み出して、私たちの体を綺麗に維持してくれているのよ。
相性抜群、まさに持ちつ持たれつの関係ね。
・・・と各体液の知識はさておき、ダイエットに取り組む上で私たちが注意しなければいけないのがこのリンパ液。
老廃物を取り除く働きだからねー・・・
流れが悪くなったり機能面に支障が出ちゃうと、様々な美容&ダイエットトラブルを引き起こしてしまうの。

驚く女性
えっ!? トラブルってなに?
もっと詳しく教えて下さい先生!!


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

体幹を意識した姿勢矯正! リンパ液の流れを良くする正しい姿勢とは?

 リンパ液の流れとダイエット効果&効率は比例関係
リンパ液の循環速度(流れ)をスムーズ流れを良くし維持させておくと、太りにくく痩せやすい体質になりダイエット効果と効率を大幅に向上させることが出来、加えて美容・アンチエイジング面においても高い効果が期待出来ます。
性差に限ったことではありませんが、特に女性にとっては非常にニーズを感じるポイントになってくるのではないでしょうか。

本記事で扱うのは上記したニーズに応える【リンパの流れを良くする体幹を意識した姿勢】について。
決して難しいものではなく少しの意識を持つだけで簡単に身に着く内容になっておりますので、皆さんには本記事を通して理解を深め体得していただければと思います。
ではここからが本題、まずはリンパ液の流れが悪くなることで引き起こされる美容・ダイエットトラブルについてから入っていきましょう。

・代謝の悪くなり太りやすく痩せにくい体質になる。
・全身が浮腫(むく)む。
・肌が荒れる。
・老化現象を早める。


女医 上指さし
リンパ液の流れが悪くなることで引き起こす代表的なトラブルよ!
この4点だけ頭に入れて危機感を持っていればもう十分なんだけど・・・
もっと詳しく知りたい方は
前回記事【リンパ液の流れの悪化により招く美容&ダイエットトラブル(新しいタブで開きます。)】で詳しく説明してるから併せて読んでみてね。
とにかく早く改善しないと大変!太るし老けるわよ。


ミニあせる女性
・・・老けるのが怖い、絶対に嫌!
・・・太る体質も困る、絶対に嫌!
浮腫みも肌荒れも・・・とにかく全部嫌!!


ミニ女医 驚いた
こらこらっ、難しい顔して何ブツブツ言ってるの?
小ジワが増えちゃうわよ。


ミニあせる女性
先生が怖いこと言うからですよ!
今までリンパ液の流れなんて意識してなかったけど・・・
意識した途端急に不安になっちゃって


ミニ女医 あっ そうだ
そんなに不安にならなくても大丈夫よ。
普段から
【体幹を意識した正しい姿勢】を心掛けるだけでリンパ液の流れなんて簡単に良くなるの。
それにもう手遅れなんてこともないから、今を最速の改善タイミングと捉えて意識すれば全然大丈夫。


ミニ疑問に思う女性
体幹姿勢? よく分からないんで詳しく教えて下さい!!

ミニ女医 これでよし
今から教えてあげるからきちんと覚えておきなさい。
リンパ液の流れが悪い人は改善が期待出来るし、今は問題がない人もこれからの予防策として覚えておいて損はないわよ。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

体幹とは? 体幹(丹田)を意識した生活を送ってダイエット効果と効率をアップさせよう!

 体幹(丹田)を意識してダイエット効果&効率アップ!
まず本記事は、リンパ液の流れを良くする体幹を意識した姿勢(前回記事)からの追記内容【体幹・骨盤・丹田(たんでん)について】の記述になります。
記事単体で読んでも問題はありませんが、連動させて読むことで更に掘り下げて理解を深めることが出来ます。
ダイエットを効率的にすすめる上で非常に役立つ内容になっていますので、未読の方はあわせて目を通していただければと思います。
前回記事には文末でリンクしています。

 体幹とは=体の幹(コア・中心)=胴体部分
わざわざ人間の体を木で比喩表現しているだけ。
体幹は読んで字のごとく体の幹、つまり幹っていうのは頭・手・足という枝を取っ払った胴体(中心)部分のこと。

ミニ女医 これでよし
体幹は人間の胴体部分、以上で説明終了よ。
分かりやすくて凄く簡単でしょ?


ミニ驚く女性
かっ、簡単すぎます先生
もっとこう・・・ほら!
医学的にとか、体のメカニズム的にみたいな解釈とか?


ミニ女医 あっ そうだ
確かに【医学的見地でみるダイエット 痩せたければ体幹(コア)を鍛えろ!】
とか【体幹(体感)しろ!体のメカニズムを活かしたボディメカニクス!】
みたいな本なら響きとしてインパクトもあるし商用的には良いかも。
でもね、何でもかんでも小難しくすれば良いってものじゃないの。
大切なのはいかに理解しやすくてシンプルに伝わるかってこと。

ボディメカニクスとは体のメカニズムを力学的に活用した介護技術のこと。
特にダイエットとは関係ありませんのでスルーでOKです。

ミニ納得する女性
おぉー、なんかそれっぽい本の名前・・・しかも2つめは駄洒落!?
なるほどーわかりました。それじゃあ体幹は体の胴体とだけ覚えておきます!


ミニ女医 あっ そうだ
それで十分よ。
まぁでもせっかくだから、もう少しだけ説明しておくわ。
興味があるなら簡単にでも目を通しておきなさい。


 体幹とは?
体幹とは身体から頭部と両手足(四肢)を除いた胴体部分、つまり身体のコア(中心)となる部分のことを指します。
よく耳にするワードとして体幹トレーニング・コアトレーニング、また体幹・コアダイエットなど様々な表現で多用され私たちを惑わせてくれますが、実際のところすべて同じ意味であり表現に差をもたせているだけといった解釈で問題ありません。
また身体の中心部といえば腰周りの印象をもたれる方が多いかもしれませんが、決してそんなことはなく腰回りは勿論、背中部分なども含め胴体部全体を指すことを覚えておきましょう。
ただし、腰・お腹回りが身体の中心を担った部分にはなっています(後述参照)

 体幹を構成する骨と2種の筋肉
体幹は骨と筋肉から構成されています。
骨は骨盤、肋骨、肩甲骨など。そしてその骨の周囲を取り巻く2種の筋肉が骨と密接した位置にある深層筋(インナーマッスル)、深層筋の外側にある表層筋。
この2種の筋肉をあわせて体幹筋、骨と2種の筋肉をあわせた総称が体幹になります。

体幹に関わる運動はこの2種の筋肉に対する別個の意識が重要、それぞれの筋肉に特化させたエクササイズを!

と言われたりもしますが、2種の筋肉は特に意識せずとも基本連動して動きます。
特殊な競技をされているアスリートの方たちにとっては必要かもしれませんが、ただ痩せることを目的とするダイエットレベルではあまり深く追求せずとも問題ありません。
予備知識として頭の片隅にでも入れておきましょう。

女医 これはいかがかしら
ダイエットレベルだとそれ程強く意識する必要はないけど・・・
知識を有することに損はないわ。
簡単にでも頭に入れておきましょうね。


ミニ納得する女性
勉強になりました、有難うございます!
(体幹は中心部にある胴体・・・これだけ覚えとこう。)


ミニ女医 困った
あぁ~少し疲れたわ。
それじゃあそろそろ私はここら辺でお暇(いとま)・・・


ミニあせる女性
あーっと、先生待って下さい!!
上で出てきた
後述参照にまだ触れてないんですけど。

ミニ女医 あっ そうだ
えっ、腰・お腹周りが身体の中心を担った部分・・・
あぁ、それは
【丹田(たんでん)】のことね。
そんなに難しく考える必要はないわ。
体幹姿勢を作るとき、体幹ウォーキングをしているとき。
あと体幹エクササイズを頑張ってるときとか。
基本的にこの
【丹田】に軽く力を込めておけば良いわ。
まぁでも別に気にしなくても大きな差が出るって程じゃないし・・・
少しだけ知ってたら得になるくらいの認識で覚えておきなさい。


ミニ疑問に思う女性
た・・・丹田ってどこ?
少しでも得になるなら教えて下さい!


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)