糖質消費量から計算! ダイエット中、1日あたりの糖質摂取量は?

脳活動と肉体活動
1日に最低限消費する糖質量から計算!

糖質について
ダイエット中における・・・
1日あたりの糖質摂取量は?


糖質を摂取し過ぎると当然太りますし、脂肪がつき易く落ち難い体質になってしまいます。
だからといって、逆に摂取を怠り不足してしまうと、糖新生の働きにより、代謝の低下による太り易い体質作り、リバウンドリスクが高くなる。また美容やアンチエイジング面、健康面においても様々なトラブルを招いてしまいます。

糖新生とは?
血中にある糖質が不足した際、肝臓でタンパク質や脂質(体脂肪)をエネルギー源として使いブドウ糖を生成する働きのこと。

 関連記事(新しく開きます。)
糖新生とは何?
糖質不足が原因で招く!
ダイエット・美容・健康トラブルについて


ミニ納得する女性
痩せたいから糖質摂取量を制限するぞ!

摂取量を制限すれば痩せるし太らない。
単純な理屈としては間違ってはいないのですが、このような安易な考えは非常に危険です。
ダイエットに不利となる体質作りを回避し、将来的なリバウンドリスクに怯えることもない。
美しく、若々しく、健康的に痩せる。いわゆる理想的なダイエット成功体験を成就させるためには、ダイエット中における糖質の1日あたりの摂取量をきちんと把握し、正しく摂取していかなくてはなりません。

ミニ女医 これでよし
糖質の消費量から計算する、1日あたりの糖質摂取量について。
糖質の摂取量なんて、どこにでも溢れてる情報だけど・・・
大切なポイントは、ダイエット中における摂取量ということ。
具体的な数値で記述しておくから、正しい摂取量を確認しておいてね。

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

適正摂取カロリーから計算! 糖質の1日あたりの目安摂取量は?

年齢・性別・活動レベル別
適正摂取カロリーから計算!

糖質について
過剰摂取しても不足しても駄目!
1日あたりの糖質摂取量の目安は?


 糖質を過剰摂取すると?
・体内に糖質を蓄積させている限り脂肪が燃焼されず、絶対に痩せることが出来ません。
・糖質の過剰摂取により分泌されるインスリンの働きにより、太り易く痩せ難いを体質になってしまいます。

 糖質が不足してしまうと?
・空腹に襲われ食欲増進、食べ過ぎを招いてしまいます。
・基礎代謝が低下、太り易い体質になり、またリバウンドリスクを高めてしまいます。
・お肌の老化現象を早め、また薄毛も同時に招いてしまいます。
・低血糖により、低血圧、貧血、冷え、便秘、無月経(女性)など。
重篤なものだと、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化の発症リスクを高めてしまいます。

ミニあせる女性
糖質の摂取量トラブル怖すぎっ
これからは摂取量に気をつけなきゃ!


これからは糖質の摂取量に気をつけなきゃ!
ほとんどの方がこのように思われたかと思いますが、ではどのように気をつければ良いのか。
糖質は過剰摂取しても不足しても、上記したようなトラブルを招いてしまいます。
ダイエットの効率面を考えてのことは勿論、美しく健康な肉体を維持させるためには、糖質の1日あたりの目安摂取量を正しく把握し、決められた量をきちんと守り摂取していかなくてはなりません。

ミニ女医 これでよし
糖質は過剰に摂取しても、逆に不足しても駄目よ!
後半では適正摂取カロリーから計算

・糖質の1日あたりの水準摂取量の目安は?
・糖質の過剰摂取量の目安ラインは?
・糖質の摂取量不足の目安ラインは?

この3つについて説明していくわね。
1日あたりの糖質は〇グラム!なんて漠然と書かれてることもあるけど・・・
実は、適正摂取カロリーによって個人ごとに数値は違ってくるの。
例を用いて分かりやすく記述しておくから、皆さんそれぞれの糖質の摂取量を計算して正しく把握しておいてね。

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)