たるみのない美しい背中になる! 2つのペットボトルエクササイズ方法

ワンハンド・ダンベル・ローイング
ダンベル・リバースフライ
脂肪を落とし、たるみのない美しい背中になる!
ペットボトル(ダンベル)エクササイズ方法


自分では見る機会が少なく、正面ばかりに気を取られついつい油断してしまいがちな背中部分。
気付かぬ内に脂肪をため込み、たるみになっていませんか?
今回は、そんな油断しがちな背中にある筋肉《広背筋》を鍛え、たるみのない引き締まった美しい背中になる・・・
ペットボトル(ダンベル)エクササイズ方法を2つ紹介します。

ミニあせる女性
今回はダンベルエクササイズですか。
なんだかムキムキ筋肉質になっちゃいそうな・・・
それに凄くハードなイメージがあります


ミニ女医 これでよし
確かにそのイメージは間違っていないわ。
でも、背中は引き締めてたるみは取りたいけど、筋肉質にはなりたくない。
それに、あまりハードな負荷を掛けるのも大変だから嫌。
個人のニーズにもよるけど、特に女性ならそう思う方が多いでしょうね。
そこで・・・


ダンベルをペットボトルに置き換え

 ペットボトルでエクササイズ用のダンベルを作ろう!
500mlサイズのペットボトルの中に水、または土を入れる。
あまりに軽すぎると負荷にならないので、最低でも八分目くらいまでは入れるようにしましょう。
これで完成、ペットボトルの重さは約1キロから2キロ程度になっているはずです。

  負荷を軽くする理由
ダンベルを重たくする、つまり負荷を大きくすることで、より一層強く筋肉を鍛えることが出来ます。
・・・が、それはすなわち逞しく立派な筋肉を作り上げるということ。
今回の背中引き締めエクササイズで例えるなら、逞しい広背筋は男性であれば良いかもしれませんが、女性が求める美しい背中という観点から捉えると(個人のニーズにもよりますが)少し方向性が変わってしまいます。

  女性らしい美しくしなやかな筋肉を作る3つのポイント
・2キロ以内の軽い負荷でエクササイズに取り組むこと。
・エクササイズは素早い動きの運動を心掛けること。
・エクササイズ回数を増やすこと。

大切なポイントになるので、頭に入れた上でエクササイズ実践に移すようにしましょう。
尚、筋肉質になりたい、大きな筋肉をつけたいというニーズがるのであれば、上記した3つのポイントは無視していただいて構いません。負荷は重たくしエクササイズに取り組みましょう。

ミニ女医 上指さし
ペットボトルは準備出来たかしら?
それじゃあそろそろ、たるみのない美しい背中になる・・・
エクササイズ方法の説明に入っていくわね。

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)